【グリーンコープの仕事】求人、口コミ、仕事内容や働き方(正社員・アルバイト・ワーカーズ・委員)は?

この記事は約5分で読めます。

atsuko
atsuko

グリーンコープで働きたいけど、どんな仕事や働き方があるの?という方の為にグリーンコープの組合員歴7年、長年グリーンコープの委員もやっている私がグリーンコープの仕事について詳しくご紹介します♪

スポンサーリンク

グリーンコープの求人はどこに出ている?

グリーンコープの採用ページに求人の概要はまとめてありますが、掲載されていないものも多く、応募できるようにもなっていません。

グリーンコープには様々な仕事があり、詳細が書かれているページはバラバラなので、ネットで「グリーンコープ 求人」と検索してindeedなどの検索結果を見た方がわかりやすいです。

グリーンコープの仕事内容は色々

グリーンコープで働くと言っても、その仕事内容や働き方は多岐に渡ります。

まず、グリーンコープというと、食品の配達をしている生協というイメージが一番強いかと思いますが、食に関すること以外にも様々な事業や取り組みを行っています。

例えば、グリーンコープは、高齢者施設や保育園なども運営しています。

その為、配達スタッフ、店舗スタッフ、事務などはもちろんですが、介護スタッフ、保育士、ファイナンシャルプランナーなどの専門職も募集していることがあります。

ただ、常に募集しているのは「配達スタッフ」です。

配送スタッフとは、グリーンコープの組合員の家を回り、注文された食品や日用品などをトラックで運ぶ人です。トラックは小型なので普通免許さえ持っていれば応募することができます。

スポンサーリンク

グリーンコープの働き方

グリーンコープには様々な働き方があります。

一番安定していて給料が高いのは、グリーンコープの正規職員として働く場合です。※グリーンコープは会社ではなく生活協同組合なので、社員ではなく職員と呼びます。

次に、契約職員、パート、アルバイトという、給料は安くなる代わりに自由度が高い一般的な働き方もあります。

また、ワーカーや委員というグリーンコープ独自の働き方もあります。

グリーンコープの正規職員(正社員)として働く

グリーンコープの正規職員の募集はネット上ではあまり見かけません。

理由は、アルバイトや契約社員を経て正規職員として採用される方が多いからではないかと思います。

私が知る限り、グリーンコープの職員さんの仕事は、配達、新規加入者募集、電話営業などです。事務所でパソコン触っている時間よりも、現場に出て力仕事なども行っていることが多そうです。

グリーンコープの配達は正規職員の方もアルバイトの方もされています。配達ルートや担当の家は基本的に決まっているようで、以前我が家にも毎週同じ方が来てくれていました。

職員さんは男性が多いです。給料は分かりませんが、普通に家族を養える位はもらえるんじゃないかと思います。

グリーンコープのアルバイトとして働く

グリーンコープのアルバイトは常にネット上でも募集されています。

仕事内容は、配送スタッフまたは店舗スタッフです。

配送スタッフはトラックを運転する必要がありますが、普通免許でOKですし、割と自由にシフトを組んでもらうこともできそうです。

店舗スタッフは、グリーンコープのお店でレジ打ちや商品を並べたり惣菜を作ったり、様々な仕事があります。

時給は、配送スタッフは1,000円以上のようですが、店舗スタッフの時給は最低賃金に近かったと思います。

私のお友達のママで、グリーンコープの店舗でアルバイトとして働いている人もいますが、子育て中でも続けやすい環境なのではないかと思います。

グリーンコープのワーカーズでワーカーとして働く

グリーンコープには、ワーカーズという組織が多数あり、「ワーカー」という働き方をすることもできます。

正式名称は「ワーカーズ・コレクティブ」で、グリーンコープのHPには以下のように説明されています。

ワーカーズ・コレクティブはこれからの社会を支えていく新しい働き方です。「雇う・雇われる」関係ではなく、働く人が自分たちで出資・経営・管理し、労働も担います。地域で暮らす生活者の視点を大事に、地域に必要な「もの」や「サービス」を事業化します。

ワーカーズ・コレクティブってなに?

雇われるわけではなく、出資金を払って経営者の1人になるって感じかと思います。

グリーンコープは、食品を届ける事業の他にも、保育園、介護施設、生活相談室、リサイクルショップなど様々な事業があります。

これらのほとんどはワーカーズである為、自分たちの働き方も自分達で決めることができます。

給料はワーカーズによって異なりますが、職員と比べるとかなり安くなるとは思います。

ワーカーとして働いている人のほとんどは女性です。男性のワーカーさんを私は1人も知りません。

月収10万〜15万程度のところが多いのではないかと思います。あえて扶養内に抑えている人もいると思います。

スポンサーリンク

グリーンコープの委員として働く

私は現在、グリーンコープの委員として働いています。

どこまで公開して良いのかわからないので、具体的な数字は掲載しませんが、リアルな口コミをお届けできると思います。

グリーンコープの委員になると、役割に応じて、毎月お手当がもらえます。(※一般の地域委員さんは交通費やイベント時の活動費などは出ますが、毎月のお手当はもらえません)

他の働き方と大きく違うのは、給料ではなくお手当という点です。

役割によって異なりますが、毎月ちょっとお小遣いがもらえる感覚です。

仕事内容としては、月に数回ある定例会議に出席することや、イベントを主催したりすることです。

毎月の手当なので、お休みしても減ることはありませんが、逆に何かを頑張ったからと言って増えることもありません。

委員会やイベントは基本的に託児を付けてもらうことができます。

その為、幼い子供がいても、子どもを預けてちょっとした仕事ができ、子育て中のママにはとてもいい仕事だと思っています。

一方、子どもが大きくなってもっと働けるようになると、基本的に平日の午前中にある活動は他の仕事の両立も難しく、お手当も少ないので辞めていく人も多くいます。

atsuko
atsuko

子育てと仕事を両立させたい!という方には家に居ながら働ける話題のオンラインアシスタントもオススメですよ〜!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
atsuko

在宅で民泊ホストやWEBやチラシなど制作・管理・ライティングなどがお仕事。作曲家の夫と3歳と6歳の姉妹と共に福岡県久留米市在住。2009年、WEBデザイン技能検定2級取得。2012年8月、第77回ピースボートに乗船し地球大学受講。2015年〜民泊サイトAirbnbのスーパーホストのステータスを10回以上獲得。2018年、電子書籍と紙で「おっぱいのすべて」を出版。グリーンコープの組合員歴6年、グリーンコープの福祉委員と基金運用委員歴3年、現在副地域委員長を務める。

グリーンコープ
スポンサーリンク
イエカラ

タイトルとURLをコピーしました