卓球ばかりやりたい人が就活や転職で良い仕事をGETする3つの方法

※この記事には一部プロモーションが含まれています。

atsuko
atsuko

こんにちは、中高部活で卓球をしていて、長いブランクから再開して8ヶ月、気がつけば毎日のように練習している2児の母、atsukoです。

情報収集のために最近Twitterで卓球アカウントを作ったのですが、

「仕事が忙しくて卓球する時間がない!」
「もっと卓球したいから転職したい」

という若い人の投稿をよく見かけます。

日々色々な働き方について考えている私は、そういう人達を見る度に、

「こんな人たちがもっと楽しく働けたら良いのにな〜」
「卓球はすごく上手いんだから、きっと仕事も上手くやれるんじゃないか?」

なんて思っちゃっています。(大きなお世話かも知れませんがwww)

そこで今回は、卓球ばかりやりたい人におすすめの仕事や働き方、また、卓球ばかりやってきた人の強みについても私なりに考えてみました。

卓球ばかりやりたい人が卓球も仕事も充実して、もっと楽しく生きれたら良いなと思います!

スポンサーリンク

卓球ばかりやりたい人におすすめの就職先&仕事

卓球ができる時間が沢山欲しい!という方におすすめの以下の3つの仕事についてご紹介します。

  • 卓球関連の仕事をする
  • IT関連のフリーランスになる
  • 条件の良い優良企業に就職する

卓球関連の仕事

実業団、プロコーチ、卓球場経営、卓球メーカー、卓球ショップなど、卓球にダイレクトに関われる仕事は意外と沢山ありますよね。

実業団やコーチは誰でも目指せるわけではないけれど、卓球に関わる会社に就職するのは卓球が好きであれば実力関係なく目指せるのではないでしょうか。卓求人.comというサービスでは卓球関連の仕事の紹介をしてくれるようです。

また近年はセルフの卓球場などもあるので、開業資金があり、上手くいけば自分の時間を使わずに卓球で稼げるかも知れません。

IT関連のフリーランス

卓球は好きだけど、仕事にしたいわけではない・・・という方も多いのではないかと思います。好きなことと仕事は分けた方が楽しいこともありますよね。

そういった方は、出来るだけ時間や場所に囚われずに自由に働ける仕事が良いと思います。

起業というとハードルがとても高い気がしますが、IT関連のフリーランスであれば、安定して継続的に収入を得られる案件は多数あります。

パソコンさえあればどこでも働けるので、試合に遠征して夜にホテルで働くなんてこともできちゃいます。

学習コストも比較的かからず、短時間で高収入が目指せるので、未経験の方でもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

条件の良い優良企業に就職する

やっぱり会社員が安定していて一番いいよね、って方は最近増えているらしいですよね。

最近はフレックス制やフルリモートの会社も増えてきているようです。雇われて安定収入を得ながら、ある程度自由が利く会社はみんな就職したいですよね。

そんな条件の良い会社に入るためには、自分の強みを明確にして、就活や転職活動を頑張るしかないです。

スポンサーリンク

卓球ばかりやってきた人の就活や転職での強みとは?

卓球ばかりやってきたから、なんの仕事が向いているかわからない!卓球は強いけれど、他のことは何も出来ない!と思っている方も多いかと思います。

そんなことないはずです。卓球ができる人は以下の強みがあると思います!ぜひ、卓球で頑張ってきた経験を就活でも活かしてください!

  • 体力
  • 集中力
  • コミュニケーション能力
  • 分析力
  • 情報収集力
  • 論理的思考力
  • 行動力

体力

これは卓球に限らない話ですが、スポーツを頑張ってきた人はそうでない人に比べて体力があるはずです。

卓球には体力がいらないと思っている卓球未経験者はいるかもなので、そこはきちんと説明(例えばフットワークを何回連続練習し続けたとか具体的に)してアピールしましょう!

集中力・敏感さ

卓球は他の球技と比べても、スピードがとても早いスポーツなので、集中力は欠かせないと思います。

また、ピン球が割れたらすぐ気がつくのはもちろん、用具の違いがわかったり、天気や湿度によっても跳ね方が違うとか上手い方は言いますよね。(私は鈍くてあまりわからないので、本当にすごいなと思いますwww)

集中力と細かい違いがわかる敏感さも仕事にきっと活かせると思います!

コミュニケーション能力

卓球って個人戦でしょ?個人プレーでしょ?って思っている卓球未経験者もいるので、きちんと説明しましょう。

ダブルスや団体もあるし、1人で練習することなんてほとんどありませんよね。

また、卓球は、他のスポーツに比べても、幅広く色んな方が一緒に練習できるスポーツです。年齢性別もあまり関係ありません。シニアの方々はもちろん、車椅子の方だったり、片腕の方もされていますよね。

卓球を通じていろんな人とコミュニケーションを取ってきた経験は、きっと仕事でも活かせるはずです!

分析力

卓球上手い人たちの分析力ってすごいなーといつも思います。相手のことはもちろん、自分のこともよく見てますよね。

サーブだったり、レシーブだったり、戦型だったり、ラバーだったり、勝つためにいろんなことを分析している人は多いと思います。

その細かい分析力が活かせる仕事は、沢山あるはずです!

情報収集力

卓球やっている人って、どうしてそんなに色々知っているの???ってよく思いますwwwラケットとかラバーとか詳しい人が多いですよね。

打ち方とか戦略とかもどこで勉強してるんですかね。好きなことに打ち込んで、その情報を集めまくるところが本当にすごいなと思います。

どうやって必要な情報を集めたのか、私が面接官だったら気になります。

インターネットが普及した現代において、情報収集は欠かせない能力なので、ぜひ就活でもアピールしましょう。

論理的思考力

卓球やっている人ってなんとなく理系が多い気がしています。理屈っぽい人が多い印象です。

こんなサーブを打ったらこんな球が返ってくるから、こうやって打つ、みたいな先のことを予測してたりもしますよね。

この回転はこうだからこうするみたいなのもすごく多い。卓球は、ただただ体を動かせば勝てるわけではなく、上手い人ほど頭を使っているスポーツだと思います。

その論理的思考力も仕事できっと活かせるはずです!卓球でのエピソードを例にしながら自分の頭の良さをアピールしましょっ!

行動力

卓球をやっている人で行動力がある人は多いですよね!いろんなところに練習や試合に行ったり、講習を受けに行ったり。

私もなかなか自分に合う練習場所が見つからなかったので、めちゃくちゃ行動しましたw

自分のやりたいことや目標に向けて行動に移せる人って、企業からしても良い人材ではないでしょうか?

スポンサーリンク

卓球ばかりやりたい人が良い仕事をGETする3つの方法

前置きが長くなってしまいましたが、卓球ばかりやりたい人は仕事を探すために具体的に何をしたら良いのでしょう?私なりに考えた3つの方法をご紹介します。

  • 卓球で身につけた強みで自己PR文を作る
  • スポーツ関係の就活支援を利用してみる
  • 自由に働けるスキルを身に付ける

卓球で身につけた強みで自己PR文を作る

まずは、一番多いであろう普通に就職したい人向けの情報です。

卓球ばかりやってきて何もアピールすることがない!なんのスキルもない!という人はぜひ卓球で得た経験から自己PR文を作ってみましょう。

若い人ほど経験よりもそのポテンシャルを買ってもらえるはずです!

といっても自己PR文なんて慣れていないとなかなか作れないと思うので、私がちょっと例文を書いてみます。使いたい人もしいたら使える範囲で改変して使っていいよw(もちろん使うときは自己責任でw)

書き方としては、自分の能力→それを実証する具体例→具体的な結果(できれば数字を出す)→だから何ができるみたいな流れで良いのではないかと思います。

過去に何度も就活してきたし、一応ライター&ブロガーなので、多少自信はありますw

<例1:行動力PRパターン>

私は行動力があります。学生の頃部活でやっていた卓球を社会人になってから再開したいと思ったのですが、地元ではなかったので当初は全く卓球関係の知り合いもおらず、情報も何もありませんでした。そこで、まずは近くの卓球場をネットで検索して、卓球教室に通い始めました。そこで知り合った方に練習場所を紹介してもらったり、Twitterアカウントを開設して情報収集を行ったりしました。約8ヶ月間で、3ヶ所の卓球場と、5ヶ所の練習場所に足を運び、20名以上の卓球仲間を見つけました。Twitterではほぼ毎日ツイートし続けた結果、アカウント開設3ヶ月で300名以上の方々にフォロー頂き、日々様々な卓球情報を得られたり、練習や試合に誘ってもらえるようにもなりました。この行動力を活かして、私は〇〇の事業においても、自分の頭で日々考えながら行動に移し、御社の〇〇に貢献できると考えています。

<例2:コミュニケーション力PRパターン>

私はコミュニケーション能力が高いとよく言われます。趣味で卓球をやっているのですが、卓球では、老若男女さまざまな方々と接する機会があります。障害を持っている方と練習することや海外の方と接することもあります。年齢・性別・環境などが全く自分と異なる方々と接するときに気をつけているのは、「自分の常識と相手の常識が異なる」ということです。たとえ、年齢や性別が同じでも人によって考え方や価値観は異なります。自分の価値観を押し付けず、一旦相手の考えも受け入れた上で自分の意見もきちんと伝えるように意識しています。今の住まいに引っ越してきて当初は1人も友達がいませんでしたが、今では20代から80代までの友達が20人以上できました。このコミュニケーション能力を活かして、御社でも多くの人たちと円滑にコミュニケーションを取りながら仕事を楽しく行いたいと考えています。

<例3:論理的思考力PRパターン>

私は論理的思考力があると思います。趣味で卓球をやっているのですが、卓球は身体よりも頭を使って勝つスポーツです。他の球技よりも回転量や回転の方向がとても重要になってきます。自分がどんな変化を付けるかによって、相手からの返球がある程度予測できるため、それを見据えた戦略を立てます。また、ミスした時は何が原因だったかを常に考え、次のプレーに活かします。・・・(全然具体的に書けない・・・涙 いかに私は頭を使わずに卓球やっているかってことが書いていてわかりましたwwwきっと多くの卓球やっている方はここの具体例も沢山あるはずです)


自己PRって恥ずかしいし私も嫌いですけど、練習するのとしないのでは全然言えることが違ってくるので、頑張りましょう!!

スポーツ関係の就活支援を利用してみる

就活や転職活動は1人でやらない方が絶対良いと思います。

何が向いているのかわからなくなったり、自分の強みなんて自分ではなかなか気づかないし、落ちまくったら病みますよ・・・。

今は家にいながら相談に乗ってくれるサービスが沢山あります。多くの就活支援サービスは無料で利用できるので、ぜひ色んなサービスを使って相談してみてください。

スポーツ関係の就活支援「アスリート エージェント」というサービスを見つけたのでご紹介しておきますね。

アスリートに特化した無料のキャリア相談が電話やWEBで受けられます。

自由に働けるスキルを身に付ける

雇われるなんて嫌だ!自由に働いて好きに卓球したい!って方は、スキルを身につけて独立しましょう!

IT関連のエンジニアであれば在宅で働ける仕事も沢山ありますよ。未経験でも若ければOKって会社もあります。

例えば、ITエンジニア転職エージェントのNext Career(ネクストキャリア)では、キャリア相談だけでなく、無料のプログラミング学習や選考対策もしてくれます。

プログラマーというと若い男性のイメージかもしれませんが、在宅でできる仕事が多いので子育て中の女性にもオススメですよ!

※未経験エンジニア転職支援は20代限定

スポンサーリンク

まとめ 仕事も卓球も頑張って人生を充実させましょう!

卓球するために仕事を我慢する、、、仕事を頑張るから卓球が出来ない・・・ではなく、仕事も卓球もどっちも楽しめたら最高ですよね!

卓球を頑張れる人は、きっと仕事も出来るはずです。仕事ができる人はいい職場やいい仕事を見つけて、卓球出来る時間もきっと作れると思います!

卓球は死ぬまで出来るスポーツですよね!人生長いので諦めずに、仕事も卓球も充実させましょっ!!!!私も頑張ります!もっと卓球に頭使えるようになりたいwww

この記事を書いた人
atsuko

在宅で民泊ホストやWEBやチラシなど制作・管理・ライティングなどがお仕事。作曲家の夫と6歳と9歳の姉妹と共に福岡県久留米市在住。2009年、WEBデザイン技能検定2級取得。2012年8月、第77回ピースボートに乗船し地球大学受講。2015年〜民泊サイトAirbnbのスーパーホストのステータスを10回以上獲得。2018年、電子書籍と紙で「おっぱいのすべて」を出版。グリーンコープの組合員歴10年以上、活動組合員歴7年以上。地域委員、副地域委員長、福祉委員などを経て、現在、久留米支部常任委員。

在宅ワーク
スポンサーリンク
イエカラ

タイトルとURLをコピーしました