【ピースボートからの離脱】船から帰りたい時に注意すべきことを過去乗船者が解説

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、福岡県久留米市で民泊ホストやWEB制作の仕事を在宅で行っている2児の母atsukoです。イエカラでは主婦やママ向けに「家から出来ること」を発信しています♪

※私は2012年8月出港の第77回ピースボートに乗船しました。ピースボートに関する情報は、現在と異なる点もあると思うので予めご了承ください。

ピースボート地球一周の船旅 は約3ヶ月で約15カ国、約20寄港地位訪問(クルーズによって異なります)することができるのですが、各寄港地での滞在日数は長くても2日。(※クルーズによって異なります)

ほとんどの寄港地を朝着いて、夕方~夜には去るのです。

だからゆっくり滞在したい国がある場合、ピースボートでは寄らない国にも行きたい場合、長い間船に乗っておくのが嫌って人、また、ピースボートに乗ったけれどやっぱり帰りたくなった人には離脱がオススメです。

77回クルーズではヨーロッパで離脱してヨーロッパ周遊してくる人達や最後の訪問国のメキシコで離脱してハワイによって、直接日本に帰ってくる人達などが多かった気がします。

ただ、船から離脱するためや日本に帰る為に注意しなければいけないことがいくつかあったのでご紹介します。

スポンサーリンク

途中で船を降りるなら航空券やホテルなどの手配に要注意!

ピースボートから離脱する為には、航空券や電車などのチケットの手配が必要となります。

旅行会社のジャパングレイスが手配を代行

航空券等のチケットの手配は、ピースボートの旅行会社であるジャパングレイスに代行してもらうことができます。
船の中からの手配も大丈夫。

ただ、気をつけないといけないのが、ジャパングレイスが同等のツアーを既に企画している場合、そのツアーがいっぱいだったとしても、代行不可らしいです。変ですよね。。。


しかも結構高い航空券を提示されたりもするらしいので、自分でやったほうがいいかなーとも思うのですが・・・

自分で事前に手配する場合は、余裕を持って予約

離脱することがピースボートに乗船する前から決まっている場合は、事前に航空券などを自分で手配することが出来ます。

しかし、自分で事前に手配する場合気をつけないといけないのが、日程の変更があったときです。

ピースボートの船は台風など天気の影響で予定よりも遅れたりすることがあります。
だから自分で変更不可の航空券などを事前にとっておく場合は、多少日程がずれても大丈夫なように余裕を持って取りましょう

船内の有料のネットで直前にチケット手配も可能

ピースボートの船の中でもインターネットは使えるので、船内でチケットを取っていた人もいました。
ですが、船内でのネットにはお金がかかるし遅いです。

また、ホテルなどは直前に予約すると安くなる場合もありますが、航空券は直前にとると高いですよね。

途中で船を降りて帰るなら手荷物に要注意!

あともう一つ、離脱してそのまま船に戻らず日本に帰る際に気をつけないといけないのが荷物!!!!

荷物と人がバラバラで帰国することは禁止されている!

荷物と人がばらばらで戻ってくることが禁止されているそうで、そのまま日本に飛行機等で帰りたい場合は全部荷物船から降ろして、持って帰らなければいけません・・・。
※また船に合流する場合は降ろす必要はありません。

荷物は基本的にに人と一緒に下ろされる

船の生活に飽きたり、帰りにアメリカやハワイによって遊んできたり、途中で体調が悪くなったり、

いろんな理由で船より先に日本で帰る人がいましたが、基本的に荷物を全て船から降ろすように言われます。

実際はみんな友達に荷物を預けて、その友達の荷物として日本に持ち帰って貰っていましたが、ばれるといろいろと大変です。

途中で降りる可能性がある人は荷物は少なく!

ピースボートは3ヶ月近くある船旅なので、いろいろと持って行きたくなるかとは思いますが、途中で降りて先に帰る可能性がある方はできるだけ荷物を少なくすることをオススメします。

まとめ

ピースボートに乗りたいけれど、途中で帰りたくなるかもしれないと不安な方は、多いかと思います。また、途中で気が変わって他の国に行きたくなる事もありますよね。

ピースボートを途中で降りることは可能です。

船から降りた後のチケットの手配は、船内で旅行会社が代行もしてくれますが、一部代行不可の場合や高い航空券を買わされる場合もあるので要注意です。

自分で事前に手配する場合は、日程変更の可能性を考慮して余裕を持って計画しましょう。直前に船内でのネットを使って自分で手配する事も可能ですが、船内のネットは高くて遅いです。

また、荷物が多いと大変なので、降りる可能性がある方は、出来るだけ荷物は少なくしましょう。

最後に超個人的な意見ですが、せっかくピースボートに乗るんだったら離脱せずに船を楽しんだほうがいいんじゃないかなーと思います。

離脱ばっかりするくらいだったら、初めから世界一周航空券とかで回ったほうが安く付きそうだし。

その他ピースボート関連の記事一覧はこちら

【ピースボートの実態は?】過去乗船者が乗るための準備〜船内事情、降りた後のことまで詳しくご紹介します!
こんにちは、atsukoです。私は2012年に第77回ピースボートに乗船しました! ピースボートと検索すると“ピースボートの実態”と予測ワードで出てきませんか?ネット上でかなりたたかれているピースボートの実態を乗船経験を元に詳...

コメント

  1. 逃げ方 より:

    「ピースボード 評判」で調べた結果、このサイトは中立的であると印象を受けましたので書き込ませていただきます。

    可能であれば、以下の対策を教えて下さい。

    ・海上で理不尽を受けた際の対処方、日本への逃走方法。港から日本への逃走方法

    (離脱と逃走は違いますが、言葉の響きが似ておりますので、こちらに書かせて頂きます。)

    ・旅行後、ピースボート関係者が自宅、職場へ何度も押し掛けてきた際の対処方法。また、何度も電話等で連絡して来る際の対処方法。

    要は、ピースボートからの逃走方法を教えてください。

    定年でピースボートを利用した老夫婦が、以下の扱いを受けたそうです。

    ・船旅で連日、講義がある。学校状態で講師は上から目線。どうでもいい事を散々老夫婦へ質問し、講義で生徒(老夫婦含み)を見下す等の人格否定を行う。屈強なボディガードのようなスタッフ付きで逃亡不可。講義内容は、宗教的、共産主義的、カルト的、ボランティアの強要等。

    ・講義に出席しないと、船室まで迎えに来る。大きなノック、大声を出して説得。

    ・旅行から解放後、関係者から連絡あり。関係者の自宅訪問、電話連絡、職場訪問、複数からの説得あり。

    隔離、暴力と人格否定で洗脳している印象を受けました。

    私自身も以前喰らった小、中学のボランティアのようです。

    何回目かのピースボートか不明です。

    可能であれば、質問への回答を宜しくお願いします。

    • atsukoatsuko より:

      >逃げ方さん

      コメントありがとうございます。ご質問にお答えしますね。
      船上と日本でのピースボートからの逃走方法ということですが、
      まず船上の話ですが、ピースボートスタッフが部屋に押しかけてくるなどいうことはまずありません。ピースボートスタッフはいい人だったというのが個人的な感想ではありますが、すべてスタッフを知っているわけではないので、それでは答えにならないと思います。なぜなら、船上ではスタッフは忙しいからです。数十人のスタッフが数百人、千人近い乗客の部屋に押しかけるなんてできませんしスタッフと乗客のフロアは別なのでほとんどこちらに来ることはありません。

      次に旅行後ですが、ピースボートスタッフが自宅や職場に来ることも電話してくることもまずないと思います。接触してくる理由がありません。ありえるとすると旅行前です。乗るか乗らないか迷っているときは何度か電話がかかってきました。スタッフによってはしつこくかけてきて乗船することを説得しようとする人もいると思います。

      確かにピースボートは左寄りの思想はありますが、宗教的だとかカルト的だとかいう悪い噂のほとんどはデマです。言われている老夫婦の例ですが、ピースボート側がそのような強要はしないと思いますが、そのような目にあう可能性が全くないとは言い切れません。

      ピースボートの講義などの企画には3種類あります。1ピースボートスタッフによる講義、2著名人による講義、3乗船者による講義の3つです。どの講義も参加は基本的に本人の自由です。全く参加しなくても構いませんし、誰がどの講義に参加しているかなんて本人以外把握していません。1と2は多くの人数が集まるためわざわざ船室まで迎えに行くなんてことはしないと思います。そんなに暇ではありません。ただ3は人がなかなか集まりません。一般人の講義ですからね。そうなると人を集めるために必死になる人は船室まで迎えに行くかもしれません。乗船者の中には宗教的、共産主義的、カルト的な人がいて講義を開催するかもしれません。

      ピースボートは良くも悪くも人間関係が密接です。あたりまえですが、乗船者はいい人もいれば悪い人も、自分と合う人もいれば合わない人もいます。そういった中でトラブルを避けるためには「むやみに部屋番号を教えないこと」だと思います。船内での部屋番号は日常でいう電話番号+住所と同じです。私の友達も変な人に付きまとわれて部屋に何度も電話がかかってきたり押しかけられたりして困っていました。

      トラブルが起こってしまった場合逃げ出すのは少し難しいと思います。寄港地からそのまま飛行機で帰ることは可能です。事前に頼めば手配してもらえます。ただ、海を横断中はどう頑張っても逃げられないですね。

      とはいってもピースボートはそんなに怖い場所ってわけではないですよ、多くの人が何事もなく楽しんでいますし。いろんな人と仲良くしておけば一部変な人がいても周りの人が助けてくれると思います。

  2. 逃げ方 より:

    迅速かつ誠実な対応ありがとうございます。
    以前は「ピースボート=安く行ける変わった世界一周旅行」と言う認識でした。
    「学生時代、金が無くて行けなかったが、ピースボートへ参加したらよい経験なったかな?」
    と知り合いに話した所、先ほどの老夫婦の話を聞かせてもらいました。
    私自身もネットで情報収集した所、怖い話がいろいろと書いてありましたので、経験者の話も聞きたいと思い、書き込ませていただきました。

    今回の事で私は、「船旅」も「世界一周旅行」も遠慮しようかなと思っています。
    これ等は肌に合いそうに無いです。基本せっかちなんで。
    普通に外国旅行、観光に行きたいと考えています。
    今回の話は参考にさせて頂きます。
    ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました