「8ビート/16ビート」YOSAKOI踊り子さんが知ってると便利な音楽用語

Blog

こんにちは。
YOSAKOI作曲家です。

楽曲制作で
チームさんとやり取りをしていると
「それってどういう意味ですか?」
と尋ねられる音楽用語があります。

こちらとしても、
なるべく専門用語は使わずに
わかりやすく説明するのを心がけているのですが。

で、今回は
「これ覚えとくといいかも」
という用語をご紹介します。

今回ご紹介するのは
楽曲の速さに関する用語、
「8ビート/16ビート」です。

以前書いた記事、
「拍/拍子」を読んでからのほうが
わかりやすいかもです。

「拍/拍子」YOSAKOI踊り子さんが知ってると便利な音楽用語
https://www.kodomosize.net/?p=5939

[template id=”5461″]

言葉の意味

8ビート(エイトビート)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、4分の4拍子で8分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持ち、ロックをはじめ、多くの現代ポピュラー音楽で使われているスタイル。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88

16ビート(シックスティーンビート、じゅうろくびーと)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、4分の4拍子で16分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持つ。ジャズとロックが融合して、1960年代後半に生まれたとされる。フュージョンのスタイル。ベースとなる音の数が多いので、ドラムスの演奏では難易度は高い。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88

ちょっと実際に聞いてみて下さい。
同じテンポ、長さ(秒数)で
8カウント×3回のリズムが流れますが、

【1回目】
8カウント普通に数える

【2回目】
8ビートで数える
倍のカウントでリズムを取っています。
「チキチキ」という音(ハイハット)
の音がさらに増えています。

【3回目】
16ビート(速くて数えれない)
さらに倍のカウントでリズムを取っています。
「チキチキ」という音(ハイハット)
の音がさらに増えています。

[template id=”5461″]

用途や効果

実際音を聞いていただいて、
なんとなく雰囲気はつかめたと思います。

で、じゃぁ、それをどう使うのか、
というお話しです。

ジャンルやテンポなどにもよるので、
かなりざっくりとまとめちゃいます。

8ビートは、
どっしり、しっかり、安定感。

16ビートは、
クール、盛り上がる、ノリがいい。

もう、バカっぽい言い方で
大変申し訳ないのですが、
噛み砕いて言うとこんな感じです。

上記は主に「ドラム(打楽器)」
のことについて書きましたが、
三味線や尺八など、
打楽器でないものでも、
音を伸ばすか、細かく刻むか
という点でこの考え方は同じです。

盛り上げたいところでは、
16ビートでフレーズを細かく刻み、
どっしり安定させたいところでは
8ビートで一つひとつの音を長めに
と、覚えておけば良いと思います。

[template id=”5461″]
というわけで、
これを参考に
ご自身のチームの楽曲制作にお役立て下さい。

ご質問受け付けています

[template id=”5921″]

[template id=”1996″]