「褒められたら120%で真に受けろ」のススメ

Blog

昨日書いたブログ記事

あなたがYOSAKOI作曲家(つまり僕)を誉めるべき理由と、その社会的な意味
http://www.kodomosize.net/?p=4012

を受けて、
ネットで知り合ったクリエイターの方が、
こんな感じのコメントを寄せてくださいました。
ざっくり引用。

褒められ慣れていないから戸惑う。
褒められ慣れたい。

これ、どのくらいのレベルで
おっしゃられているのか、
というのもありますが、

わかる!
めちゃわかる!

僕も今では、
「褒められたら120%で真に受けろ」
なんてポリシーに掲げておりますが、
以前は謙遜人間でございました。

褒められても、
「いやいや、僕なんて」がテンプレ。

どうかすると、
褒められたことは嬉しくても、
ネタとして自虐混じりの謙遜したりもしてました。

[template id=”5461″]

謙遜は褒めてくれる人を否定

「謙遜」が
自分を下げて相手をあげる、
日本の素敵な文化だというのは
ある意味において間違いないと思います。

でも、どこかで見たのか聞いたのか、

「謙遜すると、褒めてくれる人のセンスを否定することにもなる。」

という考え方に触れてから
ムダな謙遜を辞め、
「褒められたら120%で真に受けろ」
という方針に転換しました。

その極端な振り切れ方も
どうかとは思いますが(笑)

でも、確かにそうですよね。

褒められてるのも謙遜してるもの自分だから
そんな嫌な感じはしませんが、
例えば自分が何かを気に入って褒めたとして、
それについて、誰かに
「いやいや、そんなことないですよ」
って言われたら腹たちます(笑)

誰かが「これ良い!!ステキ!!」
とコーフン気味に言ってるものを
「いやいや、全然そんな事ないよ」
という人、感じ悪いですよね(笑)

まぁ、結局のところ、
なんにも考えず(※後述)に、
なんとなく「いやいやそんなー」て言ってたんですよね。
[template id=”5461″]

子どもが生まれて考えた

あと、子どもが生まれてから、
妻と話をしたことも影響しているかも。

例えば子どもと一緒の時に、
我が子を褒められたら、
「いえいえ、そんなことないですよ」
と言うのはやめよう、と、
妻が言っていたんですね。

そこは、ただ
「ありがとうございます。」
といえばいい、と。

それを聞いた子どもが

「あ、自分はそんなことないのか」

と思ったり、

こちらとしては何気なく言ったことでも、
(先述した、「何も考えていない」)
それが心に刷り込まれたら
気の毒で仕方ありません。

ちょっと大げさでもいいから、
ガンガン褒めて、
好きなものを増やして頂きたいところ。

というわけで、
「褒められたら120%で真に受けろ」
ぜひ、実践してみて下さい(笑)

まずは僕の曲から褒めてみませんか?(笑)

娘(1歳)に日常を歌にしました。

[template id=”1996″]

コメント