パプアの民衆交易のカカオを使った【本物のチョコレート作り】をグリーンコープで体験!!

この記事は約2分で読めます。

今日はグリーンコープでイベントを開催しました。

“本物手作りチョコレート”

パプアの民衆交易のカカオを
使ってチョコレートを手作りしました。

手作りチョコレートっていっても、
チョコレートを溶かして何かを作るんじゃなくって、

カカオマスとココアバターから
チョコレートを作る体験です。

そんなのなかなかできない
かなり貴重な体験です!!

参加費は500円でしたが、
半分グリーンコープから助成がでてるとのこと。

作り方は以下の通り。
①カカオマス100g、ココアバター50gを
包丁で刻みます。

②刻んだカカオマス、ココアバターをボウルに入れ
湯煎で溶かします。
※水分がはいらないように注意!!

③粉糖55gを入れて(今回はマスコバド糖を使いました)へらでよく
混ぜます。ミルクチョコレートの場合はここでスキムみるくを50g入れます。
材料がよく混ざったらチョコレートの温度が45度になるまで混ぜ続けます。

④45℃になったら、外側のボウルに冷水を入れ
27℃になるまでチョコレートの温度を下げます。
27℃になったらまた湯煎に戻29℃まで上げます。

テンパリングの目安は45℃→27℃→29℃

今回は45℃の状態で15分混ぜ続けました。

本当は72時間混ぜ続けるらしいですが、
家庭ではそんなに出来ないですよね。

⑤29℃になったら型に流し込み冷蔵庫へ。

⑥30分~1時間冷蔵庫で冷やして完成です!

作ってるとき味見した時は
苦いって思ったけれど、
固まって食べた時は甘さ控えめだったけど
美味しかったです。

食感もちょっとサクッとしていて
美味しかった。

2週間寝かせると美味しくなるらしいけれど、
この記事を書きながらもう2つ食べてしまいました。

P_20160212_233614

ちなみに、旦那にはあまり好評ではありませんでした。
別に・・・という感じでした。

自分で作ったから美味しく感じるのでしょうか?
一旦バレンタインといってあげたけれど、
私が残り全部食べようと思います。

児童労働でないカカオ豆からチョコレートを手作り!【Dari K(ダリケー)の手作りキット体験記】
カカオ農園では多くの子ども達が危険な児童労働をしていることをご存知でしょうか?私たちが出来ることはなんでしょうか?児童労働ではないチョコレートをカカオから作る事が出来ます!人にも環境にも優しいカカオを使って子ども達とチョコレートを作ってみた過程をご紹介します!!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
atsuko

在宅で民泊ホストやWEBやチラシなど制作・管理・ライティングなどがお仕事。作曲家の夫と3歳と6歳の姉妹と共に福岡県久留米市在住。2009年、WEBデザイン技能検定2級取得。2012年8月、第77回ピースボートに乗船し地球大学受講。2015年〜民泊サイトAirbnbのスーパーホストのステータスを10回以上獲得。2018年、電子書籍と紙で「おっぱいのすべて」を出版。グリーンコープの組合員歴6年、グリーンコープの福祉委員と基金運用委員歴3年、現在副地域委員長を務める。

グリーンコープ
スポンサーリンク
イエカラ

タイトルとURLをコピーしました