【環境ホルモンって何?!】普段の生活で気をつけるべき事・グリーンコープの無添加ラップは長くて安全でオススメ!

atsuko

こんにちは、福岡県久留米市で民泊ホストやWEB制作の仕事を在宅で行っている2児の母atsukoです。イエカラでは主婦やママ向けに「家から出来ること」を発信しています♪

環境ホルモン”とはみなさん何かご存知でしょうか?対策をされているという方、どれくらいいらっしゃるでしょう。

私は正直全然詳しくなくって、なんとなくイメージではプラスチックとかから出るよくわからないもので精子が減ったり生殖系に影響がでたりする?程度しか知りませんでした。

そして、難しそうだし、何を気を付けたらよいかわからないし、そこまで気にしてたら生きていけない~と思っていましたが、今回色々と調べたのでご紹介します!

環境ホルモンとは?

環境ホルモンとは、「生物のホルモンの働きを壊して様々な異常を引き起こす化学物質の総称」です。

精子減少、卵巣がん、乳がんなど生殖系の異常だけでなく、
知能低下、学習障害、注意力欠如、鬱、アレルギーなどにも
影響を及ぼすこともあるらしいんです。

代表的な環境ホルモン


ダイオキシン、PCB、有機塩素系農薬、DDTBHC、ディルドリン、
スチレン、ビスフェノールA、フタル酸エステル類、
アルキルフェノール類、BHA、OPP、エチニルエストラジオール・・・

環境ホルモン対策として化学物質に気を付ける

環境ホルモンって沢山ありすぎて、こんなの覚えられない・・ってなりますよね。

大丈夫です。

実は環境ホルモンの約2/3が農薬だそうです。さらに、加工食品にも環境ホルモンの成分を含む保存料などが使用されているそうです。

なので、“環境ホルモン”を特別意識して避けるよいうよりは、できるだけ化学物質をとらないようにする
でいいのかなと思っています。

環境ホルモン対策として普段の生活で気をつけるべき事

減農薬や無農薬野菜を選ぶ

農薬には環境ホルモンが含まれている場合が多いので出来るだけ避けましょう。

国産のものを選ぶ


国産の野菜や穀物などは収穫後の農薬(ポストハーベスト)が禁止されています。そのため、小麦粉なども国産を選んだ方が安心です。

せっけんを使う

合成洗剤には多くの化学物質が含まれています。石鹸の方が安心です。

プラスチック製品をできるだけ避ける

ただ、環境ホルモンはプラスチックにも含まれる場合が多いのですが、
プラスチックって家じゅう沢山ありますよね。。。

娘のオモチャも気が付けばほとんどプラスチック製だし・・・。

プラスチックを使わないことは難しいですが、
とりあえず、子どもに使わせる食器はプラスチックをやめようと思いました。

ラップは無添加なものを選ぶ

あと、ラップ。今まで何も気にせずに使っていたのですが・・・

一般的なラップは燃えるとダイオキシンが発生する塩化ビニルが
原材料となっており、
添加物としていろいろ入っています。
このいろいろを調べてみると、発がん性だったりもするらしいです。

これに対してグリーンコープのラップの原材料はポリエチレンで添加物なし

しかも、なかなか無くならないな~と思っていたら、
このグリーンコープのラップは市販のラップの2~3倍の長さが
あるんですね!!

環境ホルモン対策としても、
グリーンコープの無添加ラップ、オススメします!!

P_20151026_142543
スポンサーリンク
この記事を書いた人
atsuko

在宅で民泊ホストやWEBやチラシなど制作・管理・ライティングなどがお仕事。作曲家の夫と3歳と6歳の姉妹と共に福岡県久留米市在住。2009年、WEBデザイン技能検定2級取得。2012年8月、第77回ピースボートに乗船し地球大学受講。2015年〜民泊サイトAirbnbのスーパーホストのステータスを10回以上獲得。2018年、電子書籍と紙で「おっぱいのすべて」を出版。グリーンコープの組合員歴6年、グリーンコープの福祉委員と基金運用委員歴3年、現在副地域委員長を務める。

グリーンコープ
スポンサーリンク
イエカラ

タイトルとURLをコピーしました